読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ki3v6’s blog

大学生ジャニヲタ。主にKinKiとV6。

※ネタバレ有 Forevr Plaid 2016(6月2日 仙台:電力ホール)

V6

ミュージカル・ナンバー 

Deus ex Plaid 格子縞の神」

ろうそくの火と薄暗い青の光で登場。博くんの骨格がくっきりとわかります。

魅惑の横顔Eライン…。だんごっぱなじゃないんだから自信もって博君!!

顔はちょっと痩せたかなと感じました。

歌の最後のしょぼーんがかわいい!

 

 

「Three Coins In The Fountain 3枚のコイン」

ここからプラッズのスタート!前曲とは変わって明るい曲。

マイクスタンドを使って歌うんですが、長野君の指に色気がすごくて。

マイクスタンドになりたい…。

 

「Gotta Be This or That 二つに一つ」

「Undecided 罪な女」

ホーャヘメニャ♪息継ぎが大変そうだな…と思いました。*1

 

 

「Moments To Remember あふれる思い出」

ジンクスのソロからの歌いだし!振り付けも細かい楽曲。

 

「Crazy‘Bont Ya Baby 君に夢中」

トイレのつまりを治すゴムカップがマイク替わりに使われます。

オフブロードウェイはこんな感じなのかなと思いました。大変だ…。*2

 スパーキーがジンクスのお尻をスポっとはめてたり面白い曲でした。

 

「No Not Much 秘めた思い」 

 

「Perfidia パフィディア」

スパーキー大活躍の曲ですねー。スパーキーがはしゃいでます。

 

「Cry 涙」

ジンクスのど頭ソロ曲だったかなーと。記憶が曖昧です。ジンクスの鼻血の流れのお芝居、面白かったです。

 

「16 Tons 16ドン」

炭鉱夫の歌!プラッズがシンガーを続けるために他の仕事もしながら活動していた~の流れからの歌です。スマッジのソロ曲。渋い歌声。

ジンクスとフランシスの曲に合わせた振り付けがかわいい。石を運ぶ様子や金属のチェーンで音を出したり。プラッドのメンバーのさまざまな見せ場がありました。

 

「Chain Gang チェーン・ギャング」

 

「She Loves You シー・ラブズ・ユー」

ビートルズの曲。曲に関して感想はないんですが、この曲どっかで聞いたことある!

 

「Dream Along with Me ドリーム・アロング・ウィズ・ミー」

「Magic Moment マジック・モーメンツ」

「Temptation テンプレ―ション」

「Papa Loves Mambo パパはマンボがお好き」

ジンクス、ペリー・コモに。ジンクスソロコンサート。かっこいい。

私は見たときペリー・コモについて知らなかったんですが、家でググりました。みなさんもググって見てください。

最後の「Papa Loves~」は今某自動車のCMソングになっています。聞いたことのある人も多かったと思います。私も聞いたときビビっときました。

 

「Catch A Falling Star 流れ星をポケットに」

「Sing to me Mr.C シング・トゥ・ミー、ミスター・C」

流れ星をポケットにの歌詞の場面でホントにポケットに入れる振り付けがかわいかったです。

 

「Day-O バナナ・ボート・ソング」

「Kingston Market キングストン・マーケット」

 

「Matilda マチルダ」

トンズラこいた!!客席のみんなと踊るの楽しかったです。

マラカスふってるジンクスかわいかったー。みんなノリノリで楽しかった!!*3

 

「Heart And Soul 身も心も」

スマッジのピアノ演奏。お客さん参加型企画。私は今までピアノ弾いたことがないので、手あげませんでしたが周りは結構手上がっていてびっくりしました。

ピアノの伴奏を教えるのがジンクスなんですが、溢れ出る長野博の母性…。優しい。

教え方も優しかったし、ピアノの伴奏終わって退場してもらうときのプレゼントの渡し方も優しくてかっこよかったです。惚れました。

 

「Mercury マーキュリー」

車のCМをパロディした一曲。日本でも昭和にこのCMをもとにしたCMがあるらしく…。車のパネルを持ちながら歌う曲。面白かった。

 

「Lady Of Spain スペインの女」

ジンクス強い。犬のぬいぐるみ飛んできたりスフィンクスきたり。ジンクス以外のメンバーの一芸披露的な一曲に。私なら絶対笑って歌いきれないです。強い。

 

「Scotland The Brave 勇敢なるスコットランド

プラッズのチェック柄に関する歌。私もチェック柄は好きなんですが、タータンチェックのイメージが強くてあまり違いがわからない感じでした。

でも、衣装を取りに行く途中で事故にあって死んでしまう、となれば衣装の柄にも思い入れがあるだろうなあ…。と。思いながら聞いていました。

 

「SHANGRILA シャングリラ」

難しそうな曲だ、と思いました。でも綺麗なハーモニーはさすが!!

 

Rags to Riches 文無し」

中身のないLPジャケットを見せてくる曲。せつないなあ。

ジャケットだけ…。

 

「Love Is A Many Splendored Things 愛こそすべて」

 最後の楽曲。つらいな…。今まで死んでた事を忘れてるメンバーはつらいだろうな。死後の世界について考えさせられる曲でした。

 

全体を通して

溢れ出るジンクスの末っ子感。普段V6の中ではお兄さんなのでしっかりしているイメージがあるんですが、今回はメンバーの中で一番年下!!だからなのか末っ子感が強かったです。

移動がひよこみたいにひょこひょこ、てちてち、よちよち歩きみたいな感じでかわいかったです。

ターンや踊りはさすがジャニーズ。綺麗。いつもは優しい歌声の長野君が結構太めの声も出していて意外でした。*4

 

私は長野君を初めて見たとき、「生で見ると100万倍かっこいい」と思った人。

今回も写真よりもかっこよかったよ!!! 

あとはメンバー全員、いろいろな場面で活躍している方達なので、このすごい人達が一気に板の上に上がったらどうなるんだろう、という疑問もありました。

しかし、プラッズのメンバーとして一丸となってこのステージを作り上げている感じがすごく感動しました。それぞれ持ち味を生かしている感じがすごくよかったです。

 

個人的に

私にとって久々な現場でした。今回も行くか行かないか最後まで迷って決めました。

終わった後は見に行って本当によかったな、と思いました。

ジャニヲタになる前から、学生の頃の鑑賞教室を楽しみにしている自分に気づきました。非現実的な世界が好きな自分にも気づけました。*5

今回このミュージカルを見て、いつ死んでも悔いないように生きていかなきゃと思いました…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:パンフレットから。パンフレット買った人はプラッズ達が楽曲解説してるのでちゃんと読みましょう。私も参考にしてブログ書きました。もちろん写真もかっこいいですよー

*2:私が唯一見たことのあるミュージカル「Endless SHOCK」でもオフブロードウェイの世界では大変そうだった。舞台の裏で打ち上げしたり。

*3:プレゼントをステージ上に投げていた方いらっしゃった気がするんですが、こういうのって結構あるんですか??私はまだまだ観劇の機会が少ないので軽く驚きました。

*4:カラオケの十八番がXJAPANの「紅」なのもあながち嘘じゃない!!??

*5:鑑賞教室があると作文だったり絵日記を書かなくてはいけなかったけど、それも楽しかった。このブログ書いてるのも楽しかったです。