読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ki3v6’s blog

大学生ジャニヲタ。主にKinKiとV6。

改めて書き起こす私のジャニヲタ遍歴

スペシャル

お題「ジャニヲタになったきっかけ」

 

あややさんのお題に乗っかって書いてみました!

このブログを始めるときにさらっと書いたジャニヲタ遍歴。今回は時系列に追ってみようと思います。

 

 

ジャニヲタ入口(小学5年生・2005年~2006年)

私のジャニヲタへの入口は「野ブタをプロデュース。」の山下智久山Pですよ!

草野彰くんです。あの「コーンコン(きつねを指で作る)」「~だっちゃ」はめっちゃくちゃはやりましたね。もちろん「修二と彰」の「青春アミーゴ」も。

野ブタをプロデュース。でジャニヲタになった子は多いのではないかな?と勝手に思っています。(私は94年生まれ)

この頃、NEWSが活動停止期間で野ブタ。の後「クロサギ」に山Pが出て、主題歌も歌うことになって…山Pの時代でした。ちょっと気になる人が猛プッシュされるようになってまんまとはまってしまいました。

ちなみに私が人生で初めて買ったCDは「抱いてセニョリータ」です。

 

NEWSと嵐(中学生・2006年~2010年)

その後NEWSが活動再開して、「星をめざして」を発売し音楽番組に出る機会も多くなりNEWSを応援するようになりました。

同時にブーム前の嵐にはまり始めます。「情熱大陸」の二宮和也を見てからです。

「ジャニーズを馬鹿にする人がいるから頑張れる」

ジャニーズが大好きな私にとってジャニーズを馬鹿にする人がいるのかと思いました。私の周りには少なくともジャニーズを馬鹿にする人はいませんでした。

「自己主張が激しくないアイドル」って書くと誤解を生みそうですが、「自分が自分が」ではなく「周りを見て自分が求められていることは何なのか」が分かって自分で努力できるのはアイドルとか芸能人とかを取っぱらって一人の人間として大切なことだと思いました。

この頃から「嵐の宿題くん」を見るようになって、ゴールデンの嵐と深夜の嵐がいるんだなーって思いました。私は「相葉すごろく」が好きでした。松潤の金箔パック、ツタンカーメンの黄金のマスクにしか見えなかった。

もう一回、日テレの初期の嵐の番組が見たいです。(宿題くんと実験をやる番組)

その後「山田太郎ものがたり」から本格的に嵐ファンになり始めました。

そこからは嵐10周年ブームがやってきて私の中の嵐ブームはどんどん小さくなっていきました。しかし今でも嵐の楽曲は好きなものが多いので、買うまでは行かなくてもレンタルして聞いていたり、「嵐にしやがれ」を楽しみにしていたり、相葉ちゃんのラジオを聞いたり、「お茶の間」でわずかながらに応援しています。

 

KinKi Kidsとの出会い(高校生・2010年~2013年)

私はテレビ大好きなので、KinKiの存在は知ってました。ピカイチも見てました!

日曜日お昼の帯番組はKinKiが出てる頃はずっと見てたんじゃないかと思います。

デビューしたのが1997年なので当時私3歳か2歳なんですが、「硝子の少年」で振りむく光一くんを見て「かっこいい!」と思ってました。三つ子の魂百までとはよく言われますが、私はこの「三つ子の魂百まで」がジャニヲタ人生に関わってきています。

今年「硝子の少年」の振りむき光一君を見てまた惚れました。

KinKiとの出会いは〇枚で1000円のセットの枚数合わせにシングルベストを借りたことです。出会いは突然ですね。 

私の初現場は「Endless SHOCK」でした。 

コンサートを生で見たのもKinKiが初めてでした。今年1年ぶりにコンサートに行けてホントによかったです。ブログにMCをまとめようと思ったのに、MCが長すぎてまとまらなくて断片的な内容になってしまって「さすがKinKi。MC長い」と思い知らされたのも今年でした。

NEWSのほうは、山Pが脱退して一気に熱が冷めました。というか山Pが「NEWSの山P」から「山P」になって何のメリットがあるんだろう?と思っていたからです。今でも山Pのことは好きだけど、何もグループ脱退してまでやるべきことだったのか…と個人的に納得がいっていないからです。本人からもグループを脱退したことでのマイナス面の発言があったり…。錦戸君の方は納得できたのですが。(見ていて本当に仕事が大変そうだった)

 

大学生(2013年~現在)

 大学生になってまさか三宅健にはまるなんて…!未だに自分でも信じられません。

三宅健との再会は2013年の「アウトデラックス」です。

元々学校へ行こう!伊東家の食卓も見ていたし、V6の中なら誰が一番好き?って聞かれたら「三宅健」でした。

2013年で見た目が「変わってない???」ってまずびっくりしました。

後はアウトな発言連発でイメージが崩壊しました(笑)こんな人だったのかと…(笑)

同時にバラエティーでしゃべっているイメージがない彼がここまで話せるようになったのかと年月の流れも感じました。

そこから「ほっとけない魔女たち」・「堂本兄弟」を見て、主題歌がV6の曲で歌番組をチェックしていくうちにV6にもはまりました。久しぶりのV6がめっちゃくちゃ踊っていてびっくりしました。

そしてV620周年Year!個人的に20周年?最初はそんなにやってるのV6!!って思いました。

V6のコンサートに行ってきて完全にV6ファンになりました。私は花道に近い席でメンバーを間近に見る事ができて、健ちゃんに目の前でしゃがまれました。

正直、今DVDの紹介映像がホームページに上がっているんですが、見ても記憶が全くないです。三宅健が自分の目の前でしゃがんだ」インパクトが大きすぎて記憶がないんです…。

今はKinKiとV6を応援している大学3年生のジャニヲタの歴史でした。おしまい!